さっぽろ大通り内視鏡クリニック 札幌市中央区大通西4丁目6番地1札幌大通西4ビル5階

札幌大通り内視鏡クリニックで行う大腸カメラ(経鼻・経口内視鏡検査)について

胃カメラ(経鼻・経口内視鏡検査について)

大腸内視鏡検査胃カメラは苦しい…とよく言われます。なぜ、胃カメラは苦しいのでしょうか?  胃カメラが苦しい理由は、「咽頭反射(いんとうはんしゃ)」にあります。のどの奥に物があたると、「おえっ!」となる神経反射が咽頭反射です。

口から入れる胃カメラ(経口内視鏡)は、常にカメラがのどにあたるため、この咽頭反射がどうしても起きてしまいます。

そこで、当クリニックでは、細経、極細経のカメラを使用して苦痛の軽減を図っています。またさらに「苦しくない」検査を目指して鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)を行っています。
 経鼻内視鏡では、カメラが舌の付け根に触れずにのどを通過するため、「咽頭反射」がない検査が可能となります。検査をしながら、話をすることもできます。

 さっぽろ大通り内視鏡クリニックでは、鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)の検査を行っています。ご希望の方は、メールや電話にてお問合せください。

最新の内視鏡設備

5ミリ程度の極細内視鏡により、今まで以上にスムーズな検査を提供します。

最新の機器を導入しています。画面が圧倒的に明るくクリアなため、小さな病変の発見も可能です。

胃カメラ検査について
胃カメラ検査の流れ
大腸カメラ検査について
大腸カメラ検査の流れ
札幌内視鏡クリニックへのアクセス
ピロリ菌除菌外来
診療受付時間
診療時間変更案内
札幌内視鏡クリニックへの胃がん・大腸がんチェック
野村院長の雑誌掲載コラム 消化器内視鏡検査あれこれ
札幌内視鏡クリニックへのよくある質問
facebookページ
交雄会ブループの紹介
札幌内視鏡クリニックへの職員募集